風俗嬢は男性を見極める目を持つ

風俗嬢は男性を見極める目を持つ

男女どちらであれ異性に対しては、ある種の幻想を抱いているのではないかと思う。例えば、女性から見た理想的な男性は『自分だけを愛してくれる』のが条件だったりする。この場合の愛するとは、好きである事に加えてセックスをするという意味もある。要は自分以外の女性とセックスしないで欲しいという事だ。 この様な考え方は男性との性交渉の回数が少ない、または無い女性に多い。男性が性欲によって女性を好きになる事がまだ理解できていないからである。では経験豊富な風俗嬢の場合はどの様に考える事が多いのだろうか? 彼女達は接客を繰り返すうちに、男性とは女性とセックスするために行動しているという事を強く意識していく。次第に幻想は崩れ去り、冷静に男性を見る事が出来るようになっていく。 では、それは良くない事なのかと問われれば、そうでもない。一時的な性的欲求とは別の、男性の内面に注目する様になるからである。セックスが生物としての愛の形であるとすれば、相手の内面を知ろうとする行為は人間にしかできない愛の形だと言えるだろう。 これはある種の『悟り』である。セックスを超越した内面の交わりが究極の快楽をもたらす事を理解しているのが風俗嬢なのかも知れない。

様々な分野で効率化が進んだと言われますが、これはネットのおかげと言っても過言ではありません。古くなった物をお金に変えようとすれば中古品を扱う店に持ち込むしか、かつては方法がありませんでした。それがネットオークションが普及してから状況が大きく変化しました。個人間に存在していた業者の取り分は無くなり、僅かな手数料さえ支払えば直接個人間での取引が可能になったのです。結果的に商品を安く買いやすくなり、そして高値で売れるようにもなったのです。 その様な社会の変化の中で、風俗は未だに個人間の取引が行われていない分野です。風俗嬢とお客さんの間には必ず店が入る仕組みになっていますよね。それによって女性が受ける恩恵があるのも確かなのですが、利用する男性側の視点に立つと金銭的負担が大き過ぎるため、風俗の利用を控える原因になってしまいます。その結果、巡り巡って嬢の収入も減少してしまう可能性があるのです。 今後は可能な限り、店等を介さずにプレイが出来るシステムを作るべきでしょう。セルフ式のガソリンスタンドのように必要最低限の人が安全管理を行うラブホテルの様な場所であれば、風俗嬢の身の安全も確保できるのではと思います。